「内定者向けITツールセミナー」についてのご案内

1-1 アウトライン

  1. セミナーの目的、DXとは?、GoogleWorkSpaceとは
  2. 「カレンダーで仕事の管理をする」
  3. 「Meetとjamboardで実行計画を作成する」
  4. 「フォームを使ってデータベースをつくる」
  5. 「共有ドライブでデータを管理する」
  6. その他便利ツール、ネットマナー・セキュリティ、質疑応答

※10:00~16:00、1時間休憩の実質5時間のセミナーとなります。

2-1 セミナーの目的は「仕事で使えるITツールを知る」こと

内定者を自社で働けるようにするためには、必ず教育というプロセスを踏まなければいけません。その中でも特に押さえておきたいのがITツールの使い方です。今どきの内定者ですのでITリテラシーは一定水準に達しているとはいえ「仕事で使えるITツール」と限定すると途端に使えなくなる学生も多いです。その中で何をどのように使うとどうなるのか、それを自身の手を動かしながら進める事でその身に浸透させる事ができます。

2-2 DXの本質は教育に有り

そもそも最近流行りのDX(デジタルトランスフォーメーション)とはなんなのでしょうか?DX推進ガイドライン曰く「企業がビジネス環境の激しい変化に対応し、データとデジタル技術を活用して、顧客や社会のニーズを基に、製品やサービス、ビジネスモデルを変革するとともに、業務そのものや、組織、プロセス、企業文化・風土を変革し、競争上の優位性を確立すること」との事です。つまりDXとは「企業の利益追求や理念実行の為に様々なITツールを使い倒す仕組みを作り、それらを使い社員一人一人のサービス品質を高める事にある」といえます。

3-1 内定者に覚えてもらうべきGoogleWorkSpaceの主要アプリ群

  • 【連携】Googleカレンダーを使ったスケジュール管理術
  • 【連携】GoogleMeetを使ったWEB会議方法
  • 【連携】Jamboardを使ったWEB会議中の情報共有方法
  • 【作成】Googleフォームを使ってデータベース概念の理解と作成方法
  • 【アクセス】Googleドライブを使った情報環境整備の方法
  • 【連携】GoogleチャットGmailを使ったコミュニケーション術
  • 【その他】GoogleグループGoogleサイトの活用方法

3-2 その他のITツールについて

  • クラウド版経営計画書について
  • ボイスメールについて
  • チャットワークについて
  • ネットマナー・セキュリティについて

4-1 素戻り防止の宿題も用意

日々使っていれば忘れようのないITツールも、1週間使わないだけですっかり抜け落ちてしまうことでしょう。そうならない為にも期日を1週間として宿題の提出も求めさせていただきます。このセミナーをキッカケに「他の社員と同様にGoogleカレンダーでスケジュール登録」してもらったり、「日報を自身で作成して毎日の振り返り」に組み込んでもらったりすることで定着を促します。

5-1 開催日は11月19日(金)、お値段は1名66,000円(税込)

ご要望がございましたら下記のボタンよりご連絡をお待ちしております。日程の調整も可能でございますので、お気軽にお声掛け下さい。

土志田 拓郎

2011年4月㈱ヒカリシステム入社→店舗7年→人事2年を経て「データドリブングループ システムサポートチーム 営業担当」に就任。
人事では過去5年間で最高目標人数を達成し、合わせてEGIJ認定アソシエイトの資格を取得。
現在GoogleWorkspaceセミナー講師としても活躍中。

関連記事

DX認定事業者になるには?

DX認定

記事を読む

最近の記事 おすすめ記事
  1. 【GoogleChat】待ってました!スペースの削除機能

  2. GASを使ってシフト表とカレンダーを連携してみた

  3. 【GAS】毎日同じ時間に関数を実行する方法②

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

×