Google WorkspaceとG Suiteの比較。機能や料金は違うの?

結論:新商品が追加され、様々な変更がなされました

2020年10月6日に「G Suite」→「Google Workspace」へとリブランディングし、今までの「ベーシック680円」「ビジネス1,360円」「エンタープライズ3,000円」に新たに「大規模ビジネス」が追加されました。

プランは全部で6種類

①Business Starter=旧Basic
②Business Standard=旧Business
③Business Plus=旧Enterprise~
④Enterprise Essentials
⑤Enterprise Standard
⑥Enterprise Plus
④~⑥のエディションが追加されております。情報はまだ未確定でGoogle社も随時対応中になります。現時点で把握している情報をお伝えさせて頂きます。

中小企業のオーナーが気を付ける場所はポイントは以下の通りです。

BusinessプランのユーザーはGドライブの容量

マイドライブ・共有ドライブ・メール、全てをひっくるめて2TBになります。これだけ聞くとマイナス面が多そうですが、ご安心ください。契約アカウント数×2TBなので、100人の契約者が居れば200TBまで利用が可能です。要は「1人が200TB使って、他の99人が利用0Bという使い方もOK」という事です。

社内で2TBを超えてくるのは社長と動画関連部署とシステムくらい?

弊社も旧Businessプラン、新Business Standardプランを利用してますが、当面はこのままでいく予定です。ミニマムの5名で契約の会社様で容量を多く使用する場合は、Business Plusプランへの変更を検討していく必要がありそうです。

最大利用人数の変更

これまでのG Suiteでは、利用できる人数に制限がありませんでしたが、今回のリブランディングで制限が設定されました。300名以上で利用されたい方は、Google Workspaceにおいては、BusinessではなくEnterpriseのエディションを選択してください。

Google Vaultが使えなくなっている

旧Businessで使えていたGoogle Vaultも使用できなくなっております。しかしここはご安心ください、この機能を使うのはシステム管理者と社長くらいなものでしょう。1アカウント500円で契約が可能なようなので、必要であれば個別での対応が良さそうです。

各種セキュリティの強化

Google Workspaceでは「Google Chat」「Google meet」のセキュリティレベルがUPしました。

機能と料金の違いは以下の通り

「G Suite」

旧Basic旧Business旧Enterprise
価格680円1,360円3,000円
容量30GB無制限無制限
meet録画機能
(コロナ禍)
×(○)×(○)
共有ドライブ×
Google Vault×

「Google Workspace」

Business StarterBusiness StandardBusiness PlusEnterprise 以降
価格680円1,360円2,040円2,260円~
容量30GB2TB5TB無制限
meet録画機能×
共有ドライブ×
Google Vault××

まとめ

旧Basicは大きな変更はありません。旧Businessでは多くのアカウント契約をされている場合は自社内での使用容量次第ではステイ。場合によってはBusiness plusへの乗り換えをご検討ください。旧Enterpriseの方も容量問題が大きなポイントなので、無制限を希望の場合はEnterprise Essentialsへの移行をご検討ください。金額は安くなっているので、直接ご連絡して頂く事をオススメいたします。※まだ情報ができっておらず、管理コンソールから大規模ビジネスへの契約変更を確認しようとしても対応出来ておりませんでした

土志田 拓郎

株式会社ヒカリシステムにて店舗営業、人事、マーケティング、営業、Google正規代理店業務などに携わる。
「採用プロジェクト専従」としては過去5年間で最高目標人数を達成。
2011年に入社し、現在マーケティングサポート事業のシステムサポート営業担当としてWEBセミナー講師を勤める。

関連記事

記事を読む

最近の記事 おすすめ記事
  1. Google WorkspaceとG Suiteの比較。機能や料金は違うの?

  2. GAS(マクロの使い方)事例

  3. スプレッドシート神アップデート予告

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

×