マクロとスクリプトの違い

開発日記

 

 

 

 

 

こんにちは!PG担当です!

今回は

【マクロとスクリプトの違い】について

書いていこうかと(思い付きです)

 

エクセルを使いこんでくると、マクロの使用を始める事も

多々あるかと思います(最近、googleスプレッドシートでも実装されました)

【参考】エクセルマクロとは

↑ヒデ様という方が作成されたサイトです。非常にわかりやすくまとめられています

 

一言でいうと、マクロは

【複数の手順を記憶して、自動的に実行させる機能】です

  • セル→セルへのコピペ
  • 文字の入力
  • 新規シートの追加
  • 関数の入力

こういった作業が【定型化】されているものであれば

マクロで記憶させれば、以降は自動化できます

 

その【行動の記憶】というのはどう記憶されているのでしょうか?

 

 

。。。

そうです!内部では

【人が動かした行動の記憶は、スクリプト(プログラム)に書き換えられ記憶されている】のです

 

エクセルなら【VBA】という言語で

スプレッドシートなら【java script】という言語で記憶がされています

例えば(エクセルのお話)

マクロを利用して【A1セルに『テスト』という文字を打つ行動】を記憶させると

その中身(VBA)は

Sub Macro1()

‘ Macro1 Macro


Range(“A1”).Select
ActiveCell.FormulaR1C1 = “テスト”

End Sub

こんな感じで勝手にエクセルが記述してくれています

 

なので、本質的に(エクセルやスプレッドシートでいえば)

【マクロとスクリプトは内部的には同様の物】

であることが言えます。

 

 

 

ただし!マクロでは書ききれないこともあります!

それはいわゆる

【繰り返し構文】や【条件分岐】が主です

※すごい詳しい方であれば、そこも関数をどーにかこーにかして

マクロだけでも実現できなくはないですが、とても大変

 

長くなりましたので次回に続きます!

 

あ、弊社ではマクロやスクリプトのスポット開発も

請け負っております

 

詳しくはお問合せください(^^)/

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧