【Filemaker】【Google Chat】メッセージ送信のあれこれ (後編)

←前編はこちら

どうもどうも( *´艸`)
ゲーマー
システムエンジニア2号です🎮🎮🎮


Google Chat連携の後編です!
あまり長引かせてもアレなのでサクっと本題に入りましょうか👳‍♂️


前回の内容をおさらいしますと
 ・ Google Chat とは何か
 ・ Webhook とは何か
 ・ Webhook の作成

ここまででしたね!
前回の内容はこちら から確認出来ますので
宜しければぜひ…!




今回は FileMaker から
Google Chat へメッセージ送信をしてみましょう!

[ URL から挿入 ] スクリプトを使用します!

これ不思議ですよね
なぜ挿入しようとして送信されるのか

Webhookに送信をリクエストして
処理された結果が挿入される ということなのでしょうね

【URL から挿入】の設定

[ URL から挿入 ] スクリプトの設定を上から見ていきましょう!

1:内容全体を選択
  結果を後述のターゲットに上書きするか加算するかですね
  特段理由がなければチェックつけましょう (上書き)
  ループ処理した際に回数分加算されてしまいます

2:ターゲット
  結果を挿入するフィールドや変数を選択する場所です
  何かしら設定しないと送信ができないので
  不要であっても適当な変数は設定しましょう

  エラーだった場合はエラーコードが、
  成功した場合はスレッド番号等の情報が挿入されます

3:URLを指定
  Webhookを入力します
  エンコードにチェックを付けると日本語を含んだURLを処理してくれますが、
  今回は含まれていないはずなのでどちらでも大丈夫です

4:SSL証明書の検証
  暗号化通信に必要です
  チェックしましょう

5:cURL オプションの指定
  URLに対してどういうことをしたいか記載します
  今回は送信リクエスト [ -X POST ] を用いて送信したいメッセージを指定します
  スレッドを指定したい場合もこちらに記載します

サンプルコード


単純なメッセージ送信のサンプルコードになります


1 変数を設定 [ $hook ; 値 : “Google Chat に設定したWebhookのURL”]
2 変数を設定 [ $message] ; 値 : “送信したいメッセージ”]
3 URL から挿入 [ 選択 ; ダイアログあり:オフ ; ターゲット: $A ; $webhook ; SSL 証明書の検証
 ; cURL オプション :
 ”curl -X POST \””
  & $hook
 & “\” \ -H \”Content-Type: application/json; charset=UTF-8\” \ -d \”{‘text’: ‘”
 & $message
 & “‘}\””]



画像でも置いておきますね!


上記設定だと $A に結果が挿入されます
(成功していればスレッド番号等が、失敗した場合は大まかな要因が返ってきます)



Google Chat のメリットと言えばスレッド表示
特定のスレッドを指定してメッセージを送信したい場合もありますね
そういう場合は結果をどこかのフィールドに入力しておくと便利かもしれません

この辺は少々ややこしいので…
興味のある方はお問い合わせいただければ…!




それではまた!

浮ヶ谷 雄輔

日本大学理工学部卒業後、
現在のヒカリシステムに入社。

趣味はゲーム(MMO)とTCG。
より効率的な処理が出来るよう
日々修行しています。

関連記事

DX認定事業者になるには?

DX認定

記事を読む

最近の記事 おすすめ記事
  1. 【GoogleChat】待ってました!スペースの削除機能

  2. GASを使ってシフト表とカレンダーを連携してみた

  3. 【GAS】毎日同じ時間に関数を実行する方法②

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

×