【Filemaker】【Google Chat】メッセージ送信のあれこれ (後編)

←前編はこちら

どうもどうも( *´艸`)
ゲーマー
システムエンジニア2号です🎮🎮🎮


Google Chat連携の後編です!
あまり長引かせてもアレなのでサクっと本題に入りましょうか👳‍♂️


前回の内容をおさらいしますと
 ・ Google Chat とは何か
 ・ Webhook とは何か
 ・ Webhook の作成

ここまででしたね!
前回の内容はこちら から確認出来ますので
宜しければぜひ…!




今回は FileMaker から
Google Chat へメッセージ送信をしてみましょう!

[ URL から挿入 ] スクリプトを使用します!

これ不思議ですよね
なぜ挿入しようとして送信されるのか

Webhookに送信をリクエストして
処理された結果が挿入される ということなのでしょうね

【URL から挿入】の設定

[ URL から挿入 ] スクリプトの設定を上から見ていきましょう!

1:内容全体を選択
  結果を後述のターゲットに上書きするか加算するかですね
  特段理由がなければチェックつけましょう (上書き)
  ループ処理した際に回数分加算されてしまいます

2:ターゲット
  結果を挿入するフィールドや変数を選択する場所です
  何かしら設定しないと送信ができないので
  不要であっても適当な変数は設定しましょう

  エラーだった場合はエラーコードが、
  成功した場合はスレッド番号等の情報が挿入されます

3:URLを指定
  Webhookを入力します
  エンコードにチェックを付けると日本語を含んだURLを処理してくれますが、
  今回は含まれていないはずなのでどちらでも大丈夫です

4:SSL証明書の検証
  暗号化通信に必要です
  チェックしましょう

5:cURL オプションの指定
  URLに対してどういうことをしたいか記載します
  今回は送信リクエスト [ -X POST ] を用いて送信したいメッセージを指定します
  スレッドを指定したい場合もこちらに記載します

サンプルコード


単純なメッセージ送信のサンプルコードになります


1 変数を設定 [ $hook ; 値 : “Google Chat に設定したWebhookのURL”]
2 変数を設定 [ $message] ; 値 : “送信したいメッセージ”]
3 URL から挿入 [ 選択 ; ダイアログあり:オフ ; ターゲット: $A ; $webhook ; SSL 証明書の検証
 ; cURL オプション :
 ”curl -X POST \””
  & $hook
 & “\” \ -H \”Content-Type: application/json; charset=UTF-8\” \ -d \”{‘text’: ‘”
 & $message
 & “‘}\””]



画像でも置いておきますね!


上記設定だと $A に結果が挿入されます
(成功していればスレッド番号等が、失敗した場合は大まかな要因が返ってきます)



Google Chat のメリットと言えばスレッド表示
特定のスレッドを指定してメッセージを送信したい場合もありますね
そういう場合は結果をどこかのフィールドに入力しておくと便利かもしれません

この辺は少々ややこしいので…
興味のある方はお問い合わせいただければ…!




それではまた!

浮ヶ谷 雄輔

日本大学理工学部卒業後、
現在のヒカリシステムに入社。

趣味はゲーム(MMO)とTCG。
より効率的な処理が出来るよう
日々修行しています。

関連記事

DX認定事業者になるには?

DX認定

記事を読む

最近の記事 おすすめ記事
  1. Google Chatウルトラアップデート(かもしれない)【Google Workspace】

  2. GoogleWorkSpaceアップデート情報【Googleチャット編】

  3. 【rakumoワークフロー】API連携を試してみました

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

×