社内改善㉔Google Apps ScriptでGmailをチャットワークに飛ばす

どうも3号です。
最近気になっていた「鬼滅の刃」のアニメを一気見しました。
我妻逸がすごくいいキャラクターだなと個人的に感じております。
今年映画もやるようなので公開が楽しみです。

さて本題ですが、弊社ヒカリシステムでの業務連絡ツールは主にチャットワークを利用しております。他社様と連絡とる際も相手先がチャットワークを利用していればチャットでやり取りをします。

ですが、総務省の「ICTによるインクルージョンの実現に関する調査研究」(2018)-ビジネスICTツールの導入状況(国際比較)によると日本の企業のビジネスチャットや社内SNSなどの導入率および利用率は他の先進国と比べてまだまだ低い状況です。

ですので、連絡ツールが電話やメールという企業も多くありチャットでの連絡に慣れているとメールの確認がどうしてもおろそかになってしまっていました。

そこで、「メールがチャットワークに来たらいいなぁ」と思ったので調べてみるとやっぱりありました。

GmailApp.search と GmailApp.getMessagesForThreads

GmailApp.search で届いたメール取得して GmailApp.getMessagesForThreads でメッセージを取得。

さらにGmailApp.searchなんかも使えば特定のタイトルやドメインのメールのみを抽出できるので重要なものだけを抽出することも可能です。

抽出した後はチャットワークのAPI
“https://api.chatwork.com/v2/rooms/{room_id}/messages”
を使えばチャットにメールを送ることができます。

これで重要なメールの見落としがなくなるうえにすぐさま返信も可能になるので仕事がしやすくなりました。

という事で詳しいコードはコチラになりますのでよかったら見てください。
(無料の会員登録が必要です)


木下 慶太郎

木下 慶太郎KINOSHITA KEITAROU

記事一覧

法政大学経済学部経済学科卒業後、現在のヒカリシステムに入社。

最近ドラクエウォークにはまっております。

歩きすぎていつの間にか10キロ痩せてました。

関連記事

記事を読む

最近の記事 おすすめ記事
  1. 【2020年9月版】GASで作る、TwitterBot「はじめて1ヶ月の初心者でも作れました」

  2. 社内改善㉘Googleチャットにも通知できるのか?

  3. 【初心者向け】中小企業の現場で働く人こそ、プログラミングを学ぶべき3つの理由

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

×