【Filemaker】【Google Chat】メッセージ送信のあれこれ (前編)


※長くなるので前後編に分けます
 今回はWebhookの作成までとなります

後編はこちら→


どうもどうも( *´艸`)
ゲーマー
システムエンジニア2号です🎮🎮🎮


🐴🐴≡≡ アオハル杯難しい  🐴🐴≡
実装されて結構経ちましたが
やっとA⁺安定してきた感じですねぇ
Rの理事長代理の完凸が
SSR1凸並みに強いって聞いてひよってます

まぁ石がないので凸終わってませんが!🤣
同情するなら石をくれ!


さて

実は弊社、
FileMaker の社内制作も行っております

久しく記事にしていないので
忘れられていそうですが!


また社内連絡のツールを Chatwork から
Google Chat 中心に変更しています
(この辺はもしかしたら1号か3号が記事にしてますかね?)


お察し頂けているかもしれませんが

通知の送信先もChatworkからGoogle Chat、
あるいは両方に変更しないといけませんね


(; ・`д・´) 。 〇(わぁぉ 記事がない…?)


そうなんです

FilemakerからGoogleChat
メッセージ送信する記事は
ほとんどなかった
のです
(2021年1月頃)


改めて検索してみましたが
あまり状況は変わってないですね

今回はメッセージの送信方法 について
簡単にご紹介していきたいと思います


その前に
Google Chat とは?

Google Chat

Google の提供しているチャットツールです
個人間でのチャットのやり取りの他に
複数名でやり取りができる
スペース (チャットルーム) が作成できます

類似の製品はSlack や teams 等があります

無償版でも使用できますが
一部コンテンツに制限がかかります
詳しくは公式のヘルプをご覧ください

Google Chat で利用できる機能を確認する


※今回は有償版機能の Webhook を利用することにご留意ください



Google Chat の Webhook とは?

Google Chat のスペース(チャットルーム)に作成することができ、
Webhook宛にメッセージを送ると
指定のチャットルームに送信することができる機能です


Filemaker からはお馴染み
[ URL から挿入 ] から呼び出します!


この辺りは

チャットワークへメッセージを送信

と同じですね!


それでは早速Webhookを作成していきましょう!

Webhookを作成しよう!

メッセージを送信したいスペースを開き
タイトル横の▼を展開しますと
[ Webhook を管理 ] の項目があります


クリックすると設定画面が開かれるので
・Webhookの名前
・アバターの設定(省略可)

こちらの2点を設定して保存します

メッセージを送った際に
どのWebhookが発信しているか分かります
認知しやすい名前が良いですね!
(売上日報、発注通知、報告書 など)


保存するとWebhookのURLが表示されますが

絶対に公開はしないでください

メッセージ送信されてしまいますので…

これで
Google Chat 側の操作は終了です!




切りも良いので
Filemaker 側での設定は次回の記事にしたいと思います


お楽しみに!


後編できました

浮ヶ谷 雄輔

日本大学理工学部卒業後、
現在のヒカリシステムに入社。

趣味はゲーム(MMO)とTCG。
より効率的な処理が出来るよう
日々修行しています。

関連記事

DX認定事業者になるには?

DX認定

記事を読む

最近の記事 おすすめ記事
  1. 【GoogleChat】待ってました!スペースの削除機能

  2. GASを使ってシフト表とカレンダーを連携してみた

  3. 【GAS】毎日同じ時間に関数を実行する方法②

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

×