Query関数とデータの入力規則

どうも3号です。
いよいよテイルズオブアライズが9/9に発売ですね。
しかも運良くこの間PS5が買えたのでPS5で遊べます。
それにあわせて3連休にしてるのでもしかしたら脳みそ爆発するかもしれません。

というわけで、本題ですが、たまには関数を使った例を紹介します。
スプレッドシートお使いであれば必ず抑えるべき「Query関数」についてです。

ただ、普通の使い方紹介しても面白くないので
データの入力規則と組み合わせた使い方をご紹介いたします。

正直自己満足で使ってたのですが、
先日たまたま他社の方のお困りごとを聞いたときにこの方法で解決できそうだったので
こちらでも紹介させていただきます。

どんな場面で使うのかといいますと、
例えば以下のデータベースの「動物名」という項目を
データの入力規則にある「リストを範囲で指定」で使うとします。


リストはこちら

しかし、これですと新しく「くま」という項目が入ったときにリストの範囲に新たに「くま」をついかしないといけなくなります。
それは少し面倒なのでリストの範囲を上記のデータベースを
Query関数で集計したものにしてみます。

こうすることにより、データベースの動物名に新規で追加したものが、
自動でリストに追加され、プルダウンで選べるようになります。
これにより誤入力(くま、クマ、熊など)を避けることが可能です。

ちょっと何言ってるかわからないという方は以下のシート御覧ください。
サンプルシートURL
※閲覧のみになっております。

また、Query関数のみを扱ったセミナー等もご用意しておりますので、
興味ございましたらお知らせください。

お問い合わせはこちらから

木下 慶太郎

木下 慶太郎KINOSHITA KEITAROU

記事一覧

法政大学経済学部経済学科卒業後、現在のヒカリシステムに入社。

最近体重が人生のMAXに到達しました。

なので自転車通勤をはじめました。

でも、痩せません。助けてください。

関連記事

DX認定事業者になるには?

DX認定

記事を読む

最近の記事 おすすめ記事
  1. 【GoogleChat】待ってました!スペースの削除機能

  2. GASを使ってシフト表とカレンダーを連携してみた

  3. 【GAS】毎日同じ時間に関数を実行する方法②

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

×