社内改善⑤ スプレッドシートのシート削除自動化

こんにちは!PG担当です!
危うく今週ブログをサボる所でした^^;

師走ですからね。。しょうがないですね。。
ご存知かもしれませんが、師走の由来は
『お坊さんも走り回るくらい忙しい季節だから』
みたいな事なんですけど

真面目な話、いつお葬式があるかも分からないし
休みが基本無いお坊さんは師走じゃなくても忙しいのでは。。。

※そもそもこの由来は俗説で、別の説もあるとかないとか

っていう全く関係ない考察から、本日も社内改善の共有を
させて頂きます(ええ。尺稼ぎですよ。すみません。)

本日はスプレッドシートのシートの自動削除のスクリプト
を組んでみました

当社ではスプレッドシートを使って発注書を作っているのですが
『原本』っていうシートがあって
そのシートをコピーして『発注書1』『発注書2』…..

と作成していってるんですけど、これが1日1シートずつくらい
増えていきます。年で400枚弱ですね

そうすると、スプレッドシートの限界が見えてきます

※スプレッドシートの限界はシート全部コミコミで 500万セル
 だが、単純に多くなると重くなる

なので、年次くらいでリフレッシュする必要が業務的にはあります
※データベースみたいな形で使う分には要らない気もする

シートを新調する方法は(私の頭で考えうるには)2つで
①原本シートを常に予備で用意しておいて、毎年そこから
 スプレッドシート自体をコピーして使用する
②増えていったシートを古いものから消す(要は気合)

ですが、どう考えても①の方が効率的です

①が常に用意できていれば良いのですが。。。
『あ。。。原本そういえば作ってないね。。。』

という事も人ですので、良くあったりします

そんな時でも、Google App Scriptがあれば解決してくれます
当社で汎用コードを作成しました

コードの運用方法は
『削除したくないシート名』もしくは
『削除したいシート名』を入力してボタンを押すだけ

するとあら不思議(別に不思議でも何でもないですが)
要らないシートが全部消えてくれます

手作業だと(例えば100シート消す場合)
・シートにマウスを持っていって
・右クリック
・削除を選択
これを100ループ繰り返すわけですが
スクリプトならボタン1回押すだけです

便利ですね(自画自賛)
※そもそも原本用意しとけよ、というのは私には
 難しい問題でして

コードを利用希望の方、いらっしゃいましたら
是非お問い合わせくださいませ\(^o^)/

ではまた~

小山内 勝

幼い頃は劇団に所属し映画ピンポンなどに出演していた。

現在は社内のシステムアドバイザー:現場を知るプログラマーとして、社内の問題に対してITを活用し最短で解決できるスキルを身に着けている。趣味は釣り!三度の飯よりバスが好き!

関連記事

記事を読む

最近の記事 おすすめ記事
  1. スプレッドシートの基本的な使い方とオススメ?の関数3選

  2. 【社内改善⑰ Google Apps ScriptでGoogleカレンダーに予定とマニュアルを飛ばす】の記事でご質問いただいた件

  3. 【中小企業向け】テレワークの導入方法~G Suiteの料金設定の違い~

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

×