unity_AR開発への道 ②

こんにちは!
空集合とか全体集合とか懐かしいなと思いました。
PG担当2号です( *´艸`)


AR開発セミナーを受けること3回、
今まで触ったことのない領域の
知識が色々入ってきますねー

xRとは何なのか
端末による違いはどうなのか
現場とメンテナンスで求めているものの傾向とか
必要な開発環境についてとか

そして
((+_+))…。。〇〇(周りのレベルがすごく高そう…)

そろそろ本格的に開発に突入するのが怖いですね!
チュートリアル2個目のシューティングは
また余裕のある時に進めます”(-“”-)”


さて!

上述してますxRについて
復習も兼ねてご紹介します!

xRとは
 VRやARなどの
 総称として出来た言葉。

 数学的に表現するなら
 全体集合Uがしっくり来ますね!

VR  Virtual Reality    純CG。仮想空間。
AR  Augmented Reality
   リアルとCGが重なる。リアルメイン。
MR Mixed Reality    VRとARの中間くらい

これら全部を指して「 xR 」と呼びます!


今回参加させて頂いてるセミナーはAR開発なので
リアルにCGを重ねるようなものを作ることになりますねー


カウンター接客の良い例・悪い例とか
メンテナンス作業のチェックリストとか
業務機器の使い方のマニュアルとか


教育系は具体例がたくさん上がりますね!
開発できるかはさておき、
この辺りで使えたらいいなと思っています(’’


まて次回!

浮ヶ谷 雄輔

日本大学理工学部卒業後、
現在のヒカリシステムに入社。

趣味はゲーム(MMO)とTCG。
より効率的な処理が出来るよう
日々修行しています。

関連記事

記事を読む

最近の記事 おすすめ記事
  1. スプレッドシートの基本的な使い方とオススメ?の関数3選

  2. 【社内改善⑰ Google Apps ScriptでGoogleカレンダーに予定とマニュアルを飛ばす】の記事でご質問いただいた件

  3. 【中小企業向け】テレワークの導入方法~G Suiteの料金設定の違い~

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

×