社内改善⑮出勤状況を確認するためのGoogleカレンダーをつくる

どうも3号です。
ドラクエウォーク、とうとう上級職きますね。
メタルフェスティバル中に2つ目の職業Level50にしときかったですが、47までしかいかなかったのでちょっと悲しいです。
あんなに歩いたのに・・・。

さて本題ですが、弊社㈱ヒカリシステムはパチンコ、カラオケ、デイサービス、温浴などの様々な事業を展開しております。
店舗型の業務形態になるので今日どの店に誰がいるのか確認するとなると、
①そのお店に誰がいたか思い出す
②思い出した人たちのGoogleカレンダーを探す
③今日「出勤」ってなってる人探す
という手順を踏んでたので結構手間ですし、そのお店に誰がいるか忘れたら調べるところから始めるのでだいぶ時間のロスをしていました。

しかし、お店ごとのカレンダーを作ることでこの無駄になっていた時間を大幅になくすことができました。
作り方は、
①Googleカレンダーを開く
②「他のカレンダー」を押して「新しいカレンダーを作成」を選択
③「○○店出番確認カレンダー」みたいな名前を付ける
④GAS(Google Apps Script )でそのお店で勤務する従業員の出勤とわかる予定を取得して新しく作ったカレンダーに入れていく
さらにこの出番確認カレンダーをGoogleサイト(簡単にオリジナルのホームページが作れるGoogleのツール)で作成した社内サイトに載せることにより、一目で誰がどの店で今勤務しているかわかるようになりました。

GASって便利ですね。
コードはこちらから。
もしくはお問い合わせお待ちしております!

木下 慶太郎

木下 慶太郎KINOSHITA KEITAROU

記事一覧

法政大学経済学部経済学科卒業後、現在のヒカリシステムに入社。

最近ドラクエウォークにはまっております。

歩きすぎていつの間にか10キロ痩せてました。

関連記事

記事を読む

最近の記事 おすすめ記事
  1. 【2020年9月版】GASで作る、TwitterBot「はじめて1ヶ月の初心者でも作れました」

  2. 社内改善㉘Googleチャットにも通知できるのか?

  3. 【初心者向け】中小企業の現場で働く人こそ、プログラミングを学ぶべき3つの理由

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

×