社内改善⑰ Google Apps ScriptでGoogleカレンダーに予定とマニュアルを飛ばす

Google Apps ScriptでGoogleカレンダーに予定とマニュアルを飛ばす方法

どうも3号です
先日の休みにドラクエウォークのお土産を取りに行くために浅草の雷門へ行って、そこから歩いて東京タワーへ行きました。

あと基本私は歩くときはヘッドホンで音楽を聴きながら猛スピードで歩いています。その話を上司(1号)にしたら

「怖いよ」

と言われました。
そんな楽しい職場で今日も元気に働いています。

弊社株式会社ヒカリシステムでは仕事の予定をGoogleカレンダーに登録しています。それに伴い『仕事に必要なマニュアルもスプレッドシートなどで作成しカレンダーの説明のところに貼り付けて運用』しています。これにより、新人さんでもカレンダーを開きマニュアルを見れば何をやるかある程度はわかるようになっています。

場からの声

ですが、現場から「予定を登録してさらにそのあとマニュアルを張り付けるのがめんどくさい」という声が上がってきました。

えば棚卸作業などは大きな手間に…

棚卸作業 に関しては、毎月必ずやる作業なのに都度カレンダーに登録しなくてはならず(Googleカレンダーに毎月末に繰り返し登録という機能がないため)結構な手間になってました。さらに、事前準備やその後の報告書や申請などを含めると結構な数の作業になり、それを一個ずつ予定に登録してマニュアルを付けていくというのは大きな手間でした。

決策はGASで自動化

そこで考えたのが「スプレッドシートにあらかじめ作業名とマニュアルを登録しておいて、それカレンダーに飛ばせばいいんじゃね」というものでした。

サンプル画像

細手順はこちら

①サンプル画像にあるスプレッドシートのB列からE列のところに作業名称を入れる
②F列にマニュアルのURLを入れる
③一番下の黄色いセルに棚卸の日付を入力する
④H列に他の作業が棚卸の日から数えて何日前もしくは何日後かあらかじめ入力しておく
⑤I列にその作業の担当者を入れておく
⑥カレンダーに飛ばすボタンを押す

2回目以降はだいぶ手間が省けます

最初はこの手順ですが、2回目以降は棚卸の日付を替えてボタン押すだけでよくなるのでだいぶ手間が省けるようになります。

レンダーに飛ばすやり方はこちらです

GASのコードに興味のある方は下記のボタンから宜しくね

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)

木下 慶太郎

木下 慶太郎KINOSHITA KEITAROU

記事一覧

法政大学経済学部経済学科卒業後、現在のヒカリシステムに入社。

最近体重が人生のMAXに到達しました。

なので自転車通勤をはじめました。

でも、痩せません。助けてください。

関連記事

DX認定事業者になるには?

DX認定

記事を読む

最近の記事 おすすめ記事
  1. 【GAS】有給取得日数も見える化【ルッカースタジオ】

  2. 無料のGoogleアカウントを使い続けると・・

  3. 【GAS】全社残業時間の見える化【ルッカースタジオ】

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

×