社内改善⑲ 他のスプレッドシートへのデータ転送

こんにちは!

PG担当2号です( *´艸`)
ゲームの方が書き入れ時で眠たい日々が続きますね!
モン〇ターエナジー決めて頑張ってます!

ゲームと言えば「Unity」と言う開発エンジンが有名ですが、
今度それの勉強が出来るかもです!
(やるかもなのはVR・ARですが)

開発難度は気になるところですね…(苦笑)
かなり応用が利きそうなので、興味はあります(’’!
目指せ同人ゲーム!(違


さて本題です!

「他のスプレッドシートへのデータ転送」

つまり
「スプレッドシート」から「スプレッドシート」へデータの受け渡しですね。
てっきり1号か3号が書いてると思ってましたが!
まだだったようです。

記事書けるね!ラッキー!

【例1】
  日報の報告用シートから
  会議資料用に蓄積データとして収集したい
  (非保存だったデータを蓄積したい)

【例2】
  ユーザーが使いやすいように作ったデータを
  グラフ化しやすいように整地したい

【例3】
  データの量が多すぎて、
  1つのスプレッドシートでは限界を超えてしまう
  ※2020/02/12現在 合計500万セルが上限

例1のような非保存データや
例2のように蓄積データとして使いづらい場合は
定期的に(またはボタンを押したら)
蓄積用のシートにもデータを転送できると自動処理できますね!

こちら

サンプルコードを 用意しています!
ご興味あればぜひ!

例3のようなケースでは Importrange関数も便利です!
Importrange( "スプレッドシートID","選択範囲")


これで指定のスプレッドシートから選択範囲のデータを取り出して
現在のスプレッドシートのデータのように見せれます。
ある程度のデータ群ごとに別のシートで作成して、
Importrangeで必要なデータだけまとめるとスマートですね!


ご興味あれば是非お問い合わせください
ではまた!

浮ヶ谷 雄輔

日本大学理工学部卒業後、
現在のヒカリシステムに入社。

趣味はゲーム(MMO)とTCG。
より効率的な処理が出来るよう
日々修行しています。

関連記事

記事を読む

最近の記事 おすすめ記事
  1. Google Apps Script(GAS)セミナー

  2. googleドキュメントで音声入力

  3. G Suite 導入セミナーのご案内

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

×