【DXの進め方②】GoogleWorkspaceを活用する為の手順を解説

今回はなにが出来るようになるの?

テレワークに必須のオンライン会議が出来るようになります!

GoogleWorkspaceを活用する為の手順

ミュニケーションツールを使おう

コミュニケーションツールとは以下の3種類を指します。

・スケジュール管理アプリ『Googleカレンダー
・ウェブ会議アプリ『Google meet
・ホワイトボードアプリ『ジャムボード
この3つのアプリケーションはオンライン上で他の人と接するときに非常によく使われる、話をスムーズに進めるツールの筆頭です。
今回は【DXの進め方②】と題して『Google meet』についてご紹介させていただきます。

『【DXの進め方①】GoogleWorkspaceを活用する為の手順を解説』に記載のGoogleカレンダーについての使い方はこちらから↓↓


Google meet

複数名の会議などにも適しているGoogle meet、ZOOMに似た機能も多くありますがここでは主要となる使い方をご案内いたします

テレワークへの第一歩ね

Googleカレンダーでスケジュールを登録しよう

Google meetはGoogleカレンダーやGmailとも連携が行われており、Google meetのビデオ会議を追加する場合はGoogleカレンダーから登録をするのが最もスムーズです。真ん中の「Google meetのビデオ会議を追加」をクリックして保存をしていきましょう。

Google meetに参加した後は?

「今すぐ参加」を押しても良いですが、まずは「音声」と「画像」のチェックを行いましょう。入ったらこちらの声が駄々洩れてしまい迷惑を掛けてしまった…なんてことにならない様にご注意ください、なお「音声」と「画像」はそれぞれ下の赤い部分の「マイクマーク」「ビデオマーク」でON/OFFが可能です。

定画面からマイクとスピーカーの調整をしよう

黒い画面の右上にある3点リーダーを押すと「設定」を選択できるのでそこをクリック、マイクとスピーカーを選択できるので各プルダウンを操作して最も適したものを選びましょう。今はマイクがオフになっていますので調整時はオンにした状態で操作してください、「今すぐ参加」を押していない状態であれば誰にも聞こえない状態で操作出来るのでご安心ください。

Google meetの基本操作はここまでです、次回はGoogle meetで会議をする際に使うチャンスの多いジャムボードについてお話をさせていただきます。


次回は第3回、いよいよジャムボードの登場

今回はコミュニケーションツールの一つ、Google meetについてお話しさせていただきました。次回は『【DXの進め方③】GoogleWorkspaceを活用する為の手順を解説』ジャムボードについてのご紹介をさせていただきます。

最後に「導入セミナーのアップデート」のご案内

上記のGoogleWorkspace導入セミナー【初級編】【中級編】を大型アップデートいたしました。今までは7時間30分と長丁場で様々なアプリケーションをまとめてご説明しておりましたが、お客様の声にお応えして『各アプリケーション毎の小分けセミナー』へとアップデートいたしました!

Googleカレンダーを含むコミュニケーションツールの専用セミナーもございます、ご興味のある方は下記よりお声掛け下さい!
名前:土志田 拓郎
メールアドレス:t_toshida@haps.co.jp
Chatwork ID:t_toshida


画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: bjghfd-1024x493.png
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: mhgftdrs-1024x493.png

土志田 拓郎

2011年4月㈱ヒカリシステム入社→店舗7年→人事2年を経て「データドリブングループ システムサポートチーム 営業担当」に就任。
人事では過去5年間で最高目標人数を達成し、合わせてEGIJ認定アソシエイトの資格を取得。
現在GoogleWorkspaceセミナー講師としても活躍中。

関連記事

記事を読む

最近の記事 おすすめ記事
  1. 【現場で使える】サービス業でのGoogle Workspace活用方法とは

  2. 【情報環境整備】なぜGoogleworkspaceを始める時にBusinessStandardからオススメするのか

  3. 【現場で使える】Googleカレンダー小ネタ5選を解説

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

×