【GAS】毎日同じ時間に関数を実行する方法②

今回の記事は【GAS】毎日同じ時間に関数を実行する方法①の続きになります!

前回の記事では、毎日トリガーを作成することで、毎日同じ時間に関数を動かすことができるようになりました。

しかし、この方法だと1日1個トリガーが作成されるので、トリガーが増え続けてしまうんですよね
トリガーが増え続けることでなにか問題が生じるかと言われたらそんなことはないんですが、なんか嫌ですよね。
使わないものを取っておくほど不憫なことはございません。消しましょう。

やりたいこと

平日16時50分に進捗入力のリマインド通知をChatWorkに送信する

やり方

スクリプトはこちら

流れは以下の通り。

①createTrigger関数が「日付ベースのタイマー」というトリガーで「午前1時~午前2時」の間に動く。
これにより、その日の16時50分にnotifyChat関数が動くトリガーが作成される。

②notifyChat関数が「特定の日時」というトリガーで「その日の16時50分」に動く。

③deleteTrigger関数が「日付ベースのタイマー」というトリガーで「午前0時~午前1時」の間に動く。
これにより、関数名がnotifyChatのトリガーが削除される。

①から③の繰り返しで、トリガー作成→実行→トリガー削除→トリガー作成→実行→トリガー削除…
といい感じに動いてくれます。
休日は通知を送りたくないので、notifyChat関数にif文を盛り込んでます。
トリガーの時間はかぶらなければ何時でも大丈夫です。

いかがでしたでしょうか。
一見できなそうなことも、ちょっと工夫すればできるようになるのは楽しいですね。

さらに詳しく聞きたい!という方は是非下のボタンからお問い合わせください!

野村 航平

高専でC・Java、プログラミングスクールにてRuby・JavaScript・SQL・AWSなどを学習後、現在のヒカリシステムに入社。
木下さんの弟子をやらせてもらっています。

関連記事

DX認定事業者になるには?

DX認定

記事を読む

最近の記事 おすすめ記事
  1. 【Googleカレンダー】モレ安心!タスクの繰り返し登録を試してみました

  2. Google Apps Script(GAS)でfor…inを使った繰り返しの注意点

  3. 【JavaScript】if文をスマートに記述する方法

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

×